石種に関する基本知識

お墓の石のことなんて誰も教えてくれないし、知らないし分からない。

確かにそうですね。

しかも石の名前自体も良くわからないし、独特な名前なところも多いのでより複雑です。

ここでは基礎知識を表記していきたいと思います。

大まかな産地

まず大まかな産地は

「国産(日本産)」「中国産」「インド産」「その他外国産」に分かれます。

まずこの時点で、石の質や価格の仕分けはできません。国産にも高価なもの安価なもの様々あります。ですので産地イコール良しあしでもありません。

しかしながら、一般的には国産はやはり割と高価なものが多く、外国産は安価な傾向ではあります。

石目の細かさ

価格や性質に大きな差が生まれてくる要因として、目の細かさもあげられます。

基本的に目が細かいと廃棄率が高くなりやすく、高価になりがちです。基本的に希少価値の問題になるため、コストパフォーマンスが悪くなりがちなので、細目は高価になります。

石の硬さ

もう一つ高価になりやすいのが「硬質」な石です。石が硬ければ硬いほど、磨きの手間がかかるため、手間賃の問題から高価になりやすくなります。硬い石の代表的な石はインド産のM1Hという石種です。外国産の中では割と高価なものになります。

 

石塔の価格が上がりやすいものとしては、「国産の細目」がざっくりとわかりやすいものでしょう

 

大きな誤解

良く皆様が思われる誤解は「国産だから良い」「外国産だから悪い」というものがあります。これは正しくはありません。そもそも石質自体は自然のものになりますので、人間がどうこう出来るものではありません。中国産でも素晴らしい石質のものもあります。

ただし一つ言えることは「中国産の石塔を日本で使いだした歴史はまだ浅く、国産はすでに淘汰が終わっている」ともいえます。国産の石は古くから使われているので50年後の姿をほとんどの石屋は把握しており、実際に売れずに閉山してしまった山もあります。そのような淘汰が完全に終わっているので、国産で経年劣化するものはないといっても過言ではないでしょう。

しかしながら中国産は「これから石塔として経年していく」ものですので、50年後のものはまだわかりません。しかし、科学的なデータでいえば、国産に劣らないものです。

もう一つ言えるのは「国産の職人は信頼でき、外国産はごくまれにいい加減なものが来る」という事もあります。それはまた別のページで説明します。