香川県産 庵治特級

産地

愛媛県庵治町(牟礼町)

特徴

日本を代表する銘石。「斑(ふ)」が庵治石の代名詞ともいえる。美しさ、希少価値の高さ、硬さ、粘り、どれをとってもまさに銘石。

硬さ

★★★★

硬さもあり粘りも強い石

吸水

★★★★

糠目なのに遅いという特徴

目の細かさ

★★★★★★

価格

ABCDEFGHIJK

解説

日本を代表する銘石。まずこの石を見分けられない石材店はいない。(庵治を知らない石屋はもう疑った方がいいレベル)まず、石屋としてこの庵治石と大島石は覚えなくてはならない。

目が非常に特徴的で、斑と呼ばれる独特な模様が特徴。石塔全体でこの斑がそろわなくてはならないため、生産率が異常なまでに低いのが特徴。全体の採掘量から「特級」と呼ばれるのはおよそ7~3%といわれる。

非常に傷も多く、採掘時点で大半の原石が使われないことがわかる。関西を中心に全国的に流通しているが、そもそもそれほど出回る価格のものではないため、若い石屋さんの中では扱ったことがない石屋もいるでしょう。

これだけ効率が悪いにも関わらず、銘石として昔から使用されているのは、その美しさが人々を魅了しているのかもしれません。

注意点

取り扱いは簡単ではないため、石塔の建立までに時間は見ておいた方が良いでしょう。また、価格はほかの石種と比べ最高級に当たることから、ある程度の金額の覚悟は必要です。